医師・治療家から見たエゴスキュー

治療の専門家から見た『エゴスキュー腰痛解消プログラム』の評価をご紹介します

「脳や筋肉、神経など…神経内科系の疾患とエゴスキューについて」

荒井恵子様 神経内科 栗が丘クリニック院長
長野県

長野で開業医として神経内科を営んでおりますが、私自身、ぎっくり腰を患い、エゴスキューを実践しています。

神経内科とは、脳と神経、筋肉&臓器の連携がうまくいっているかどうかを診る科です。日常の診療の中では、めまい、頭痛、しびれ、手足の麻痺といった訴えの方を多く診ます。

そんな診療の中でひとつのテーマがありました。

「多くの患者さんの症状は筋肉のケアで治るのではないか?」という思いです。

ある日「めまいがして・・・」とご高齢の方がいらっしゃったとき、診察のなかで、首、肩が凝っているようだったので、少し「肩凝ってますね~」と肩もみをさせていただいたんです。すると、その方は 「あれ?少しめまいが良くなったみたい・・・」と仰ったんですね。めまいと肩こりに因果関係がある、とは考えていなかったので、私自身びっくりしました。

その後、再診させていただいた際。 「あの日、先生に触ってもらってから、めまいがぴたっとおさまったんですよ。 」とやや興奮気味に話してくださったんです。

私、医学書をもう一度見直してみました。でも、 「めまいは、肩をもむと治る!」
とはどこにも書いていません。学会に発表しようかとも考えましたが、ま、相手にされないことは明白でした。
「肩こりを治せばめまいも良くなる?」との思いがずっと頭の中を駆け巡っていました。

そして、その答えをくださった方がエゴスキューの創始者ピートエゴスキュー氏です。
“めまいも、筋肉と骨格のバランスを整えることで効果的に改善できます!”と「PAIN FREE」というエゴスキュー氏の著書にちゃんと書いてあったので
す。どの医学書にもかかれていない真実がそこにあったのです。肩こりはそもそも筋肉と骨格のバランスの悪さの結果の症状にすぎないということにも同時に気付きました。そして、 「めまいも肩こりもエゴスキューで解消!」できるということがわかったのです。

では、 「めまい」で普通の病院に受診したらどうなるでしょう?

頭部MRIをとります。すると 50 代後半を過ぎれば、皆さん動脈硬化による小さな脳梗塞のひとつふたつは見つかることがあります。すると、 「多少動脈硬化がありますね。これが原因かもしれません。ただ、これはひとつの老化現象です。大きな病気ではありませんので上手につきあっていきましょ う。一応眩暈止めを出しておきますね。 」と言われて終わりではないでしょうか?

私はエゴスキューで“めまい、頭重感”と縁をきることができました。
さあ、みなさん、めまいが起こったら、病院に行きますか? それともエゴスキューやりますか?
みんなで楽しくエゴスキューをやって、自分の力で元気になりましょう!

「どれだけ矯正しても動くことのなかった腰椎が、正しい位置に!」

日比整体TOKYO 院長 日比良王主様(34歳)
東京都墨田区錦糸2-5-10

私は都内で整体院を営んでおります。

職業上、 当然のことながら、自分が患者さんのお手本となるような健康的な身体で、
健康的な生活を送るように心がけてきました。

ですから、自分自身を実験台にしてありとあらゆる健康法を試し、常に新しいことを模索していました。

そんな中、あるきっかけでエゴスキューの存在を知りました。まだ日本に上陸していない頃で、わざわざサンディエゴまで研修を受けにいきました。
「自分で自分の身体を矯正することができる」などの説明に半信半疑だったのですが、 そこでは驚くべき光景を目の当たりにしたのです。

そこには、健常者でもなかなかうまく出来ないパッチと呼ばれる厳しいエクササイズを、参加者の誰よりも上手にこなす70歳ぐらいの男性がいました。

聞くところによれば、その男性は以前パーキンソン病を患っていて、歩行もやっとのことだったそうなのです。
パーキンソン病をご存じの方ならば、このことがどれだけすごい事なのか直ぐにご理解いただけるかと思います。
さっそく私はそこでエゴスキューをマスターいたしました。

そして、帰国後。当院へ通われる方たちにエゴスキュー体験をしていただいておりまして、その都度エゴスキューの効果に驚かされているのですが、中でも特にびっくりしたことは、3年間も通院してこられているAさんという30代女性の方のことです。

彼女は当初、腰椎ヘルニアを患っており、腰がくの字に曲がり真っ直ぐに立つことが出来ず、うつ伏せに寝た時には、腰椎(腰の背骨)が骨盤よりも盛り上がっている状態でした。

Aさんは立ち仕事という影響もあり、施術後には痛みが軽減されるものの、また直ぐに痛みが起こってしまうというサイクルからなかなか抜け出すことが出来ずにいました。

原因は、後ろに曲がってしまった腰椎のせいだということを彼女自身もよく分かっていたようです。

そんな彼女に、痛みを軽減させるエゴスキューのエクササイズを4種類お教えしました。
彼女は「これぐらいのことだったら自分にも出来そう」と言って帰りました。

3日後、彼女は再び当院を訪れました。

「こないだの、あれ、全部じゃないけど楽なやつだけやってるよ」と話してくれたのですが、驚くことに、今までどれだけ矯正してもほとんど動くことのなかった腰椎が、この日はお腹の方にきちんと反っているじゃありませんか。

しかも施術する前から。

当然、痛みも全く感じないとの事なんですが、これには本当に驚きました。本人も適当にやっていただけなので、こんなにも良くなっていることを分かっていなかったみたいで、腰をかばう癖がとても不自然でした。

私はエゴスキューにとても高い期待を寄せています。これから日本全国に普及して行きたいと思っています。

「あなたも早く痛みから解放されましょう。」

四つ葉のクローバー整骨院 院長 村上 昭二(46歳)
大阪府大阪市中央区日本橋2-13-13


私は柔道整復師、鍼灸・あん摩・指圧・マッサージ師の資格を持ち整骨院を営んでいます。

日頃から多くの患者様の治療に携わり、人々の持つ痛みと格闘しているのですが、様々な治療法にはいつもアンテナを伸ばしていました。

ハッキリとは覚えていないのですが、インターネットで痛みに関する項目を検索していて
「PAIN FREE」という言葉に惹かれてあるホームページにたどり着きました。
そこに「エゴスキュー」という聞き慣れないものがあり何となく内容を見ていると、どうやら治療法ではありますが、今までの概念とは違い人に頼らず自分で自分を治すというものでした。

私も長年治療に携わり、自分自身の身体に歪みが生じ、身体のあちこちに痛みを感じるようになっていたのですが、自分を治療すると言う事がなかなか出来ずにいたのが実情でした。

早速自分でその方法を試してみたくなり、即申し込み。

エゴスキューのエクササイズは独特なので、まずは細かいやり方をチェックしながら練習していたつもりだったのですが・・・それだけで、既に肩や首に感じていた重だるさがほとんど消えていました。
同時に、歩く時にすごく足が前に出やすく感じて、いつもより歩幅が大きくなっていました。

その後も、それほどハードなエクササイズではないので、楽に続ける事が出来ました。

エゴスキューのトリックですが、なるほど日頃使っていない筋肉を再教育するというものなので、動かしているつもりでも動かせていない筋肉があるのですね。そこを無理なく鍛えることにより、身体の歪みを根本から正し、身体機能を向上させるというのです。

そのため、寝たきりだった方が立てるようになったり、アスリートがより高い身体能力を手に入れ、記録を伸ばすこともできるわけです。

エゴスキューのエクササイズは600種類以上もあり、 本当に長い年月をかけて緻密に計算されているもので、
使われずに眠ってしまっている身体の深層筋を狙い通りに目覚めさせてくれます。

従来のトレーニングやエクササイズでは逆に身体に無理がかかり故障を起こす人が多く、新たな痛みを作ってしまうこともありました。
その点、エゴスキューは、病院のベッドで寝ていて、ハードなトレーニングができない患者様でもできるような、やさしいエクササイズです。 これが「寝たきりのお年寄り」から「プロのスポーツ選手」まで、幅広くこのエクササイズが受け入れられる理由ですね。

私自身ですが、それから毎日エクササイズを実施していると、身体のあちこちに感じていた痛みが徐々に消えていきました。すると朝もスッキリ起きられる様になり、自分の身体が爽快に変化していくのが感じられました。

結果1ヵ月後にはかなり姿勢が改善され、写真比較でもハッキリと見ることが出来ました。
まさに『ペインフリー』(痛みからの解放)です。

現在私は、素晴らしい成果が上げられる事を確信して、エゴスキューのセラピストになり、日々勉強しています。

先日、アメリカのサンディエゴにあるエゴスキュー本部を訪問してセミナーを受けてまいりました。
その際には、創始者のピート・エゴスキュー氏に直接お会いする機会を得て、いろいろとお話を伺う事が出来ましたが、本当に素晴らしい理念をもたれており、全てを超越した愛を感じる事ができました。
ますます、この方法に惚れ込み、多くの人にこれをお伝えしていく事を自分の使命として行きたいと考えております。

皆様もこの素晴らしい方法を体験されることを強くお薦め致します。

歯科医師もオススメのエゴスキュー、
是非あなたのライフスタイルに取り入れてください!

にのみや歯科クリニック院長  二宮友綱様(37歳)
神奈川県川崎市川崎区浅田2-1-11-101

 

『腰痛』とは大学時代からの付き合いでした。陸上競技中に空中で体を捻ったまま落下し、 腰を痛打、脊椎分離症となり、加えて腰椎にヒビが入ってしまったのです。

私は歯科医をしていますが、その仕事上、日々、無理な姿勢や、失敗の許されない診療の緊張感から、全身の血流が悪くなり、 さらに腰痛が悪化してしまいました。もう20年近く、 痛みとの戦いの毎日を過ごしています。

どこのマッサージ師・鍼灸師・整体師からも異口同音に「君の腰は相当悪いね」と言われる程です。

これはもう一生痛みと付き合い続けるしかないのだと思っていたのですが、エゴスキューを始めると、約1ヶ月で痛みが気にならなくなりました。

たったこれだけ、それまでの苦しみが嘘のような生活が手に入りました。
体全てのバランスが整ったようで、身体の重みや痛みをまるで感じなくなり、完全に痛みと縁を切ることが出来たのです。

もはや痛いのが当たり前になっていた腰。痛みから解放されてみると、なんとも身体の軽いこと!仕事もはかどり、行動力も増し、今まで本当に人生楽しめていなかったんだなって思うくらい、とても充実しています。

【筋肉の再教育】のエゴスキュー。
やり方は簡単ですが、運動不足が続いていたせいか、初めのうちは眠っている(退化している)筋肉を起こす(動かす)のが少し辛かったです。

でも、特に腰に負担がかかって悪化するようなものでもありませんでしたし、なにより「エゴスキューに根性は要らない!」と教えて頂いていたので、少しずつできるところから始めました。
すると1週間もしないうちに身体がエゴスキューに慣れはじめ、気づくと綺麗な形で出来るようになっていました。

誰にでも簡単で確実に改善できるエゴスキューは私の守護神です。
実は、エゴスキューは全身の歪みを治すことができるため、 顎関節症や口腔乾燥などの治療にも応用できるのではないか・・・と考えたところ、ずばりでした。以来、当院でも患者さんに対してエゴスキューを取り入れています。

歯科医師の見地から見ても、エゴスキューはとてもおすすめできるものです。
簡単にできますから、是非あなたのライフスタイルに取り入れてみてください!

腰痛解消法 エゴスキュー・メソッドの詳しい内容

エゴスキュー腰痛解消プログラム お申込み